トイレのつまり解消は洗浄がおすすめ!業者の排水管高圧洗浄の費用

症状が悪くなる前に今すぐお電話を!午前9時〜午後7時

0120-303-656

トイレのつまり解消は洗浄がおすすめ!業者の排水管高圧洗浄の費用

トイレがつまったときに使われるラバーカップ。
しかし、何度試してみても一向につまりが解消されない場合もあります。
ほとんどのつまりを解消できるはずのラバーカップが効かないとなると、つまりは便器以外で起こっているのかもしれません。

考えられるのが、トイレから流れていった水や排泄物、トイレットペーパーが通る排水管です。
ここに長年の汚れや異物が溜まっていれば、つまりの原因となってしまいます。
でも、トイレの奥にある排水管を洗浄してキレイにするためには、一体どうしたらよいのでしょう。

そこで今回は、トイレつまりを解消する洗浄について解説していきます。
トイレや排水管がつまる仕組みや排水管の洗浄方法についてお伝えしていきます。

業者に排水管の洗浄を依頼した場合の費用や、トイレつまりを自身で直す方法についてもお伝えしていきますので、是非最後までご覧ください。

高圧洗浄するのは重度のつまり

高圧洗浄でのつまり修理は道具さえあれば実践できるため、つまり修理の方法としてとても簡単なものに思えるでしょう。
自分でもできるのでは?と思われるかもしれません。

しかし、業者が高圧洗浄機を使ってトイレつまりを除去するのは、重度のつまりのときであり、ごく少数のケースのみとなります。
これはトイレ便器の構造に理由があります。

トイレ便器、つまりやすいのはどこ?

トイレ便器の構造とつまりが起きやすい場所

トイレの便器に常に溜まっている水は、臭いや虫が下水から上がってこないよう蓋をする大切な役割をもっています。

この水を溜めるため、便器内はS字カーブを横にしたような構造になっています。
便器内の水や排泄物は、タンクや水道管から流れてくる水の勢いで排水路の急なカーブをのぼりきらなければ、排水管へと流れていくことができません。

この、急なカーブの頂上付近をせきと呼びます。

トイレのつまりは、原因にかかわらず、せきの部分で起きることが多いと言われています。

また、せきを超えても便器の出口部分でつまりを起こすケースも良くみられます。
便器の出口は野球ボールよりも小さい直径しかなく、運よくせきを通り抜けたとしても、異物そのものが大きければ排水管へと流れ出ていくことができません

便器内のつまりには高圧洗浄機は使わない

トイレのつまりは便器内のせきや出口付近で起こることが圧倒的に多いです。
では、そのようなトラブルが起きた場合、業者はどのような作業でつまりを除去するのでしょう。

つまりの原因がトイレットペーパーや排泄物等の水に溶けるもので、それが便器内や出口に留まっている場合はトイレつまりを除去する低圧ポンプや特殊な薬剤を使ってつまりの解消を目指します。

例えばおもちゃやスマホ、オムツなどといった水に溶けない異物がつまり、便器の排水口から掻き出せなくなったら、そのときは便器ごと取り外して便器内の異物を掻き出して除去します。

まずは便器を取り外さずにつまりを除去する方法を試し、それでもダメな場合に便器を取り外すことになるわけです。

では、いつ高圧洗浄機を使うのかというと、便器ではなく床下の排水管に問題がある場合です。

排水管でつまりが起きたときに高圧洗浄を使う

一般的にトイレの排水管は他の水回りの排水管に比べて汚れが付着しにくいと言われています。
それは通常、水に溶けやすいものだけを流す、常に一定の十分な水量で流すためだと考えられます。

しかしながら、排泄物や嘔吐物にも油分が含まれています。
油分は水に溶けにくいため排水管に付着しやすく、また特定の薬を常時服用されている方は便の性質も変わり、その汚れはドンドン蓄積されていくでしょう。

キッチンや洗面所とは違い、トイレの場合は便器の奥に排水管があるため、直接お手入れをすることができませんから、蓄積された汚れは排水管内の水の通りを狭くし、つまりの原因となってしまいます。

このような排水管が原因でつまりが起こった時に、業者は高圧洗浄を使ってつまり除去を行います。

高圧洗浄で修理できるトイレつまり

高圧洗浄は水の勢いで汚れをキレイにしたり、水圧でつまりの原因を押し流す道具です。

しかし、トイレがつまりを起こすのには様々な原因があり、高圧洗浄がその全てに対応できるわけではありません。
ここでは、高圧洗浄で修理できるトイレつまりについて詳しくみていきましょう。

下記表は、トイレつまりの原因と高圧洗浄での修理不可についてまとめたものです。

トイレつまりの原因修理
トイレットペーパー
オムツ
ウェットティッシュ
排泄物
嘔吐物
スマホやメガネなどの固形物×

高圧洗浄で修理できるのは、水に溶けるものです。
この修理方法はつまりの原因を取り出すのではなく、水の勢いで押し流すもの。
結局のところその後も排水管を通っていくことになるため、水に溶けるものにしか対応できないのです。

スマホやメガネ、おもちゃといった金属プラスチック等も、水圧で流しても排水管内で溶けることがないため、その後また違う部分でつまりの原因になってしまいます。
このようなケースでは、トーラー(ワイヤー)で物理的につまりを除去することになるでしょう。

高圧洗浄は排水管のつまりや汚れを除去するのに使われるのですね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
排水管をキレイに掃除できる高圧洗浄は、あらゆる水回りのトラブル解消に役立つ道具です。
つまりの防止に使われる事もある高圧洗浄について詳しくみていきましょう。

排水管の洗浄と効果

高圧洗浄の効果とは?

高圧洗浄機には胃カメラのような細長いホースが付いています。
このホースは、排水管を傷付けることなく奥へと進んでいき、つまりの原因の近くにまで潜ることが可能です。
そして強烈な水の勢いでつまりの原因をダイレクトに押し流します

業者が使用する高圧洗浄は家庭用の物よりも噴射の勢いが強いのが特徴的です。
トイレ排水管だけではなく、家庭内のあらゆる水回りの洗浄に用いられています。

あらゆる水回りの排水管を洗浄できる

排水管は家庭内で使用した汚水が流れていくところ。
キッチンの油汚れ食材カス、洗面台や浴室の石鹸カスや髪の毛など水以外のものの通り道にもなります。
十分な水流で排水管を水が通っていてもカーブ部分等には汚れが溜まりやすくなります。

目には見えない、手が届かない排水管の奥では、知らぬ間に汚れが蓄積されていってしまうのです。

ゴミ受け皿で汚れをキャッチしているつもりでも、編み目を通り抜けた汚れが排水管へと流れていっているのですね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
最も厄介なのは、キッチンの排水管から流れる油です。
冷えると固まる性質のある油分は排水管内に付着していきます。
その部分にさらに油汚れが付着したり、誤って流れていった固形物が引っかかってしまうと、つまりの原因となってしまうでしょう。

高圧洗浄は強い水圧で汚れを弾き飛ばすもの。
ノズルを当て、スイッチを入れるだけで汚れを落とすことができます。

人の力では到底作り出せない強烈な水圧を発生させるため、ブラシでゴシゴシ擦ったり、洗剤を使うことなく掃除できます。

トイレ交換時に排水管洗浄がおすすめ

近年多く目にするようになった節水型トイレ。
これは従来のトイレよりも大幅に少ない水量でトイレを流すことができるものです。

項目
節水型トイレ5ℓ3.8ℓ
従来のトイレ13ℓ8ℓ

トイレの構造はほぼ同じでありながら、少量の水でも効率よく流すことが出来るよう工夫された構造となっています。

しかしながら、一度に流す量が少ないため、通常よりも多いトイレットペーパーや排泄物を流すと、便器内でつまりが起きやすくなります。
排水管を排泄物等が通る際に洗浄される効果もあまり期待できず、汚れが付着しやすいとも言えるでしょう。

トイレ便器の寿命は10年~15年程度。
水漏れなどのトラブルを機会に、節水型トイレに交換する方も多いでしょう。
しかし、すでに汚れが付着している排水管の場合、節水型トイレに交換するとつまりの症状が表れ始めてくるかもしれません。
付着物の状態にもよりますが、早いと交換後2週間程度で水が流れにくくなるでしょう。

トイレ便器の交換時に排水管の汚れを除去してもらうことをおすすめします。

せっかく新しい便器に交換しても、排水管に汚れが付いてしまっていたらつまりが起きてしまうのですね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
高圧洗浄機による排水管清掃は、便器を取り外した状態でなければできません。
せっかく設置したものを再度取り外す作業には費用もかかりますし、便器にも良くありません。
そこでおすすめなのが、便器交換時に排水管の点検をしてもらうことです。
ファイバースコープカメラ等で排水管内をチェックし、汚れが付着しているようならその時点で洗浄してもらいましょう。
便器交換時に点検してもらえば便器の設置・取り外し費用が一回分で済みますし、節水型トイレ設置後のトラブル防止に役立ちますよ。

集合住宅では定期的に排水管を洗浄する

排水管内は手が届かないため、普段掃除することはありません。
長年に蓄積された汚れによってある日急につまりが起きてしまうでしょう。
また、排水管内に付着した汚れを長年放置しておくとやがてその部分が腐敗し、排水管が損傷し、大規模な水漏れが発生するリスクがあります。

このような事態を避けるため、一部の集合住宅では定期的に高圧洗浄による排水管清掃を行っています

高圧洗浄機は排水管で起こってしまったつまりの解消だけではなく、つまりの原因となる汚れの蓄積を防ぐことから、予防の観点から見ても大変有効な道具といえるでしょう。

業者にトイレの洗浄を依頼した場合の料金

つまりの解消やトラブル防止に役立つ高圧洗浄。
これを業者に依頼するとなったら、どのくらいの料金がかかるのでしょうか。
ここでは、業者にトイレの洗浄を依頼した場合の料金相場についてみていきます。

高圧洗浄の料金は排水管の長さと建物の高さによって変わります。
作業に必要な機材が異なるため、排水管が短いよりも長い方が高くなる、マンションの1階よりも10階の方が高くなるということです。

高圧洗浄機使用時の料金相場

戸建て(3mまで)1万円~2万円程
マンション・アパート(3mまで)1万5000円~2万5000円程
1m当たりの追加費用3000円~8000円程

多くの業者は3mまでを基本とし、排水管の長さがそれよりも長い場合は、その分が追加費用として加算されます。
例えば、戸建てで排水管の長さが5mの場合の料金を上記表に当てはめると、高圧洗浄費用(最安価格)は1万円+(3000円×2)=1万6000円となります。

排水管のつまりの原因が押し流すことのできない異物であったり、物理的に除去しなければならない汚れだった場合は、トーラーでの作業も加わります。

トーラーとは、排水管に通したワイヤーを回転させ、その摩擦力によって汚れを掻きだす道具のことです。

ワイヤーによって物理的に汚れをキレイに落とせるため、高圧洗浄機で落ちない汚れも落とすことができます。

トーラー機使用時の料金相場

戸建て(3mまで)8000円~1万5000円程
マンション・アパート(3mまで)8000円~1万5000円程
1m当たりの追加費用2000円~6000円程

トーラー機についても、3mまでを基本とし、それ以上は追加料金として加算されます。

高圧洗浄機やトーラー機使用料金に加え、基本料金・作業代・部品代・時間外割増なども料金に加算されます。
状況や作業内容に応じて費用が変わることを心得ておきましょう。

料金相場には結構な幅があるのですね。
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
一般的な料金相場についてお伝えしましたが、料金内訳や設定は各社異なります。
最近は事前に明確な料金を知らせてもらえなかったとしてトラブルになる事例が少なくありません。
作業前に必ず見積もりを取り、相場と見比べ、料金に納得た上で修理を依頼しましょう。

トイレ排水管の洗浄は業者に依頼しよう

自宅に高圧洗浄機があるし、やってみようかな?と思われる方も多いでしょう。
しかし、トイレのつまりが起きたとき自身で高圧洗浄するのは、リスクが高いためあまりおすすめできません。

業者のトイレつまり修理でも、排水管の洗浄は重度のつまりに該当する場合に用いられる方法です。
便器内のつまり除去に用いられることはなく、また、排水管内を洗浄する場合は便器を脱着する必要があります。
これを初心者が行うのは大変難しいでしょう。

日本のトイレは陶器製です。
固く、丈夫であるとはいえ、便器内に高圧洗浄機の強烈な水圧を当てると割れてしまうおそれがあります。

便器の脱着はそれほど難しい作業ではありませんが、作業時に破損やズレが生じ、新たなトラブルに見舞われるかもしれません。

あらゆるリスクを避けるためにも、トイレの排水管洗浄は業者に依頼することをおすすめします。

評判のいい業者に共通の3つの特徴とは?

業者に排水管洗浄を依頼する前にやっておきたいつまり解消まとめ

トイレつまりの多くは、便器内のせきや出口付近で起こることが多いとご説明しました。
排水管内に問題があるケースはそれほど多くありません。
便器内で発生しているつまりであれば自己修理できる可能性が高くなります。
簡単にできるつまり解消法をご紹介しますので、業者に洗浄を依頼する前に実践してみましょう。

お湯とパイプ洗浄剤を使ってつまりを溶かす

パイプクリーナーとお湯でつまりを解消

この方法は、水に溶けやすいトイレットペーパーや排泄物がつまっているときに有効な方法です。

熱過ぎるお湯を使うと便器が割れる恐れがありますので、使用温度を守りましょう。

  1. 便器内の水を汲みだし、水位を下げておく
  2. 市販のパイプ洗浄剤を排水口に注ぎ入れる
  3. 30分から1時間程度放置する
  4. バケツに汲んだお湯(40~50℃)を少し高い位置から排水口めがけて注ぎ入れる

便器内の水位が高い状態でパイプ洗浄剤を入れても効果は期待できません。
バケツなどで汲んで水位を下げておくことが大切です。

ラバーカップを使ってつまりを動かして流す

ラバーカップでつまりを解消する方法

トイレのつまりといえばラバーカップです。
これは吸引力でつまりの原因を動かすことができるもの。
正しい使い方をすれば、便器内で留まっている異物を取り除いたり、排水管に流すことができるでしょう。

  1. 便器の排水口にカップを置く
  2. しっかりと空気を抜いて密着させる
  3. 勢いよく引き上げる
  4. つまりが解消されるまで1~3を繰り返す

ポイントはしっかりと密着させて勢いよく引き抜くことです。
押すのではなく、引いて使用するものであることを心得て、正しく使いましょう。

まとめ

ここまで、トイレのつまりを解消する洗浄についてお伝えしてきました。
トイレつまりを解消する方法の一つとして、高圧洗浄が用いられます。
ただし、これは便器内に使用することはありません。
排水管内につまりの原因が引っかかっている、汚れが蓄積されているなど、排水管に問題がある場合にのみ使用されることを覚えておきましょう。

強力な水圧によって汚れを洗い流したり、つまりを押し流すことができる高圧洗浄機は、水回りのあらゆる排水管の修理やトラブル防止に役立つ道具です。
自身でつまりが解消できない場合やトイレ交換時、定期的な排水管のお手入れの際は業者に依頼しましょう。

高圧洗浄の費用は決して安くはありません。
作業を依頼する際は必ず見積もりをとり、作業内容や料金の内訳についてよく確認してください。
こちらでご紹介した料金相場と照らし合わせ、金額に納得した上で依頼することが大切です。


新着お役立ち情報