配管の水漏れは何が原因?修理にかかる費用や万が一の応急処置方法

症状が悪くなる前に今すぐお電話を!午前9時〜午後7時

0120-303-656

配管の水漏れは何が原因?修理にかかる費用や万が一の応急処置方法

ほとんどの配管は普段目にすることがないため、水漏れしていても気づかないことがあります。
水漏れに気づかず放置しているとカビやシロアリが発生しかねません。

しかし配管に水漏れが発生する原因を理解しておけば、普段から家のどこをチェックしておけばよいかが分かります。

配管の水漏れを早めに見つけ、迅速に対処するのに役立つ情報を調べてみました。
水漏れトラブルが発生した時に水道業者へ修理を依頼する費用や、業者が来るまで応急処置をする方法についても解説します。

配管から水漏れが起きる原因は何ですか
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
一般的な配管水漏れの原因を説明しますね

配管の水漏れは何が原因なのか徹底検証

配管の水漏れは、発生していても場所によっては外から見えません。
壁や地面の中から水の音がしたり、水が染み出したりして初めて配管に水漏れが起きていると発見することがあります。

発見しにくい場所の水漏れには、どのような原因が考えられるのか説明していきます。
家の中にある配管の水漏れが発生しやすいトイレやキッチンの水漏れ原因についても解説します。

原因を知っておくと対処方法が分かりますし、業者に依頼した方がよいのかも判断できるので参考にしてください。

地面の中にある配管水漏れの原因

地面の中にある配管水漏れの原因はいくつか考えられます。

  • 配管の経年劣化
  • 地震による破損

地中に埋められている配管が経年劣化して水漏れすることがあります。
長い時間使い続けていると、腐食して穴が開いたりひび割れたりすることがあるのです。

地震などの自然災害が原因で配管が破損することもあります。
水道の配管は比較的地面に近い部分に設置されているので、自然災害の影響を受けやすくなっています。

地面の中にある配管で水漏れが起きている時に、早めに気づくにはどうしたらよいでしょうか。
以下の配管水漏れのサインを見逃さないでください。

  • 水道代が上がる
  • 水道メーターが早く回っている
  • 地盤沈下
  • 水の音がする
  • 地面が濡れている

敷地内の配管から水漏れしていると水道代が急に上がります。

いつも以上の金額が請求されたのであれば、配管の水漏れを疑ってください。

普通、水道代が急激に上がった時には、水道局から異常水量のお知らせといった通知が届きます。
使用水量が多くなったことを知らせてくれる通知です。
水道局からのお知らせが届いたなら配管の水漏れをすぐにチェックしましょう。

水道メーターが早く回っているのも水漏れのサインです。
普段はチェックしない水道メーターですが、水道の検針をする業者が気がついて指摘してくれることがあります。
メーターが早く回っていますよ、といわれた際には配管で水漏れしているのかもしれません。

家の水道を使っていない時に水道メーターを見てチェックする方法もあります。
何も使っていないにもかかわらずメーターが動いているのであれば、どこかで水漏れ起きています。

地盤沈下が急に起きる時や、水の音が地下からする時にも配管水漏れの可能性があります。
配管から水漏れすると、周りの地面が柔らかくなり陥没します。
水道が配管の小さな隙間から漏れている場合、水が噴き出すシューシューという音が聞こえます。

晴れているのに一部分だけ地面がいつも濡れている場合も水漏れしている確率が高いです。
水漏れが起きていそうな場所があれば掘り起こして確認してください。

水道メーターの確認方法

壁の中にある配管水漏れの原因 

壁の中から水漏れの音が聞こえた場合、2つの原因が考えられます。

  • 給湯器からの配管が劣化している
  • 排水管が老朽化している

給湯器に繋がっている配管の老朽化が原因で水漏れしている可能性があります。
配管は10年以上経過すると急速に劣化が始まり、繋ぎ目や曲がっている場所から水漏れすることがあるのです。
築年数が古い住宅の場合、給湯器との接合部から水漏れが起きていないかチェックしてください。

排水管が老朽化し、中に汚水が詰まって配管に圧力を掛けてしまうケースもあります。
配管に強い圧力がかかるため接合部や、配管が劣化していて脆くなっている箇所から水漏れしてしまいます。

排水管が原因で水漏れしている際は、汚水による配管の汚染に注意してください。
水漏れ修理をした後、必ず配管の除菌と乾燥をするようにしましょう。

トイレでの配管水漏れ原因

トイレ給水パイプのパッキン交換方法

トイレで起きる配管水漏れの原因は、トイレタンクに繋がっている配管の劣化や連結部品の不具合です。
配管が経年劣化し配管自体がひび割れることや、連結部品の中にあるパッキンが縮んで水漏れすることがあります。

トイレタンクの中から水漏れの音が聞こえる際は、タンク内の部品が原因なので配管は関係ありません。

便器の下から水が漏れている、またはトイレの床から水がしみ出している時は排水管が原因と考えられます。
配管とは直接関係ないかもしれませんが、排水管が詰まっていると他の配管に圧力を掛けて水漏れが発生するリスクがあります。
すぐに水道業者へ連絡して排水管のチェックをしてください。

キッチンでの配管水漏れ原因

シングルレバー混合栓の緩み改善方法

キッチンでの配管水漏れは、水栓やシンクの床で起きやすいです。
水栓と配管の接合部から水漏れしているケースでは、接合部分のナットの劣化や内部のパッキンの破損が原因と考えられます。
単に繋ぎ目のナットが緩んでいるだけの時もあり、その場合はナットを締め直せば解決できます。
水栓へ繋がる配管自体が古くなっていて水漏れが起きることもあります。

シンク床からの水漏れは排水管が原因のことがほとんどです。
排水管に生ゴミや油が詰まって、汚水がしみ出すことがあります。

水漏れを解消するには排水管の清掃が必要となりますが、無理矢理自分でしようとすると排水パイプを傷める恐れがあります。
排水管が劣化している場合、配管を壊して問題が悪化するリスクもあります。
早めに水道業者へ依頼し、問題を解決してもらった方が安心です。
排水管詰まりは他の配管に悪影響を与えるので、なるべく早く解決するようにしてください。

キッチン周りの配管から水漏れしているケースでは、蛇口から赤水や錆び水が出てくることがあります。
赤水や錆び水は配管の表面に発生したサビが水に溶け出す現象です。

配管が腐食しているサインで、放っておくと徐々に配管が薄くなり水漏れがひどくなることがあります。

腐食が進行して配管が折れ、大量の水漏れが発生する可能性があるので気をつけましょう。
少しでも水が錆び臭い時や赤く濁っている時には、配管水漏れしていると考えてください。

赤水や錆び水の問題が起きやすいのは2005年より前に建設された住宅です。
中でも1995年より前の住宅は鉄製の配管が使われています。
自分の家は鉄製の配管が使われていそうだと感じるのであれば、使用15年程度を目安に交換してください。

水道業者へ配管の修理を依頼したいのですが、費用がいくらかかるか不安です
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
費用相場が分かっていないと心配になりますよね。一般的な水漏れに関係する費用を教えましょう

気になる配管の水漏れ修理にかかる費用を確認

配管の水漏れ修理にいくら費用がかかるのか調べてみましょう。
まず水漏れ調査と診断をした場合の費用、そして配管を実際に修理する費用を調査しました。

配管の水漏れ調査と診断費用相場 

どこかで水漏れしていそうだと思っても、どの配管が水漏れしているか分からないことがあります。
水漏れ箇所が分からない時には、水漏れ調査と診断を水道業者にしてもらえます

配管から水が漏れている音を調べる音聴棒や、漏水探知機を試用して漏水箇所を特定していきます。
人間の耳では聞き分けられないような小さな水漏れ音も逃さず調査してくれます。

水漏れ調査と診断の料金は以下のようになっています。

調査と診断箇所費用相場
室内の配管調査基本的に無料(作業を伴う場合3000円から15000円程)
外部の配管調査基本的に無料(作業を伴う場合5000円から30000円程)

水道業者によっては見積もりを無料でしているので気軽に相談してみましょう。
外部の配管調査は金額が高くなりますが、分割払いに対応している業者もあるので安心です。

配管修理の費用相場

水漏れ箇所を特定した後は修理が必要になります。
一般的な修理の費用について紹介します。

作業内容費用相場
上水配管水漏れ修理10000円から30000円
下水配管水漏れ修理7000円から25000円

上記の費用は部品代別で、工賃のみの価格です。

部品代は上水配管なら3000円から15000円前後の費用がかかり、屋外配管であれば5000円から30000円前後かかります。

作業箇所によっては追加料金が以下のようになります。

追加作業内容費用相場
配管周りの解体15000円前後(距離と量による)
配管つまり除去、洗浄8000円から25000円前後
地面の堀削、埋め戻し20000円前後(範囲や距離による)
廃材処理費3000円から15000円程(量による)

屋内の配管を修理する場合、床や壁を解体するケースがあり、費用は15000円前後必要です。

水漏れの原因が詰まりである時には、原因になっている汚れや異物を取り除き、洗浄する作業をしなければなりません。
高圧洗浄機を使って洗っていきますが、費用は20000円前後です。

屋外の配管水漏れを修理するケースでは、地面の堀削と埋め戻しをしなければならず、費用は20000円前後かかります。

配管を見つける際に廃材が出るのであれば、処理するために費用が必要です。

しかし上記の費用はあくまでも相場であり、作業内容や作業箇所によって変わります。

水道業者へ工事を正式に依頼する前に、必ず2つ以上の業者から見積もりを取ってください。
作業内容が明確で価格が高すぎない業者へ工事を依頼しましょう。

樹脂配管の設置費用

2005年以降に建てられた住宅では、樹脂配管が使用されています
樹脂配管の特徴は腐食しにくく、半永久的に使用できることです。

素材が樹脂であるため柔軟性があり、地震などの自然災害があっても衝撃を吸収しやすくて破損しにくくなっています。
表面に水垢がつきにくかったり鉄製より熱伝導が低いので保温性も高かったりする特徴もあります。
鉄製の配管以上に衛生的で水道が凍結しにくいのが樹脂配管です。

2005年より前に建てられた住宅の配管を、樹脂配管へ交換する費用はどれくらいかかるでしょうか。
一般的な住宅の費用相場は、20万円から35万円です。

この価格には工事費と材料費、廃材の処理費などが含まれています。
2階建て住宅で、上の階の配管も樹脂製にする場合は追加費用がかかります。
工事にかかる日程は業者によりますが、平均1日から2日です。

水道業者へ依頼すると意外と費用がかかりますね。自分で修理することはできないのですか
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
自分で応急処置をすることは可能です。どんな応急処置ができるのかチェックしてみましょう

配管の水漏れ発生時に実践できる応急処置方法を紹介

応急処置をする前に、本当に配管から水漏れがおきているかを確認してください。

時々、雨漏りを配管からの水漏れと勘違いするケースがあります
屋根や外壁の隙間から雨が入ってきたり、雨水がしみ出してきたりしたことを水漏れと勘違いしてしまうことがあるのです。

雨が降っている時や雨が降った直後に水漏れを確認するのではなく、晴れている時に水漏れチェックをしましょう。

配管からの水漏れということがはっきり分かったのであれば応急処置をしていきます。

配管に穴が開いている際の応急処置方法

配管に穴が開いている場合の応急処置

配管に穴が開いている際の応急処置方法を見てみます。
修理のために用意する道具は2つだけです。

  • 多用途補修テープ
  • 雑巾

多用途補修テープは、ホームセンターやインターネットショッピングで購入することができます。
価格は数百円とお手頃で、配管の修理だけではなく、家の様々な箇所に使用することができるので1つ用意しておいてもよいでしょう。

応急処置の方法を紹介します。

  1. 元栓を閉める
  2. 配管の水漏れ箇所を雑巾で拭く
  3. 多用途補修テープを貼り付ける

最初に元栓を閉めてください。

元栓は戸建て住宅であれば、敷地内の水道メーターが埋められている場所にあります。
マンションなどの集合住宅では、玄関横の扉付きの箱に収められています。

元栓を閉めた後、配管の水漏れ箇所を雑巾で綺麗に拭きます
汚れや水滴を拭き取らなければ、多用途補修テープの接着具合が悪くなってしまいます。
最後に補修テープをしっかり貼り付けてください。

配管に汚れが詰まっている場合の応急処置方法

配管の中に汚れや異物が詰まって水漏れしていることがあります。
詰まりが原因で水漏れしている場合に応急処置をするには以下の道具を揃えてください。

  • パイプクリーナー専用ワイヤー
  • 配管洗浄剤

パイプクリーナー専用ワイヤーは、先端が異物を分解できるような形状になっていて詰まっている物を砕いてくれます。
曲がりくねった配管の奥に入っていくような作りになっている専用ワイヤーです。
インターネットショッピングなどで手に入れることができます。

配管洗浄剤は通常の家庭用洗剤とは違い、洗浄力が強力です。
長年のうちに溜まった汚れをしっかり溶かしてくれる洗浄力があります。

応急処置方法は以下の手順になります。

  1. 元栓を閉める
  2. 詰まっている箇所をワイヤーで探る
  3. 配管洗浄剤で掃除する

最初にパイプクリーナー専用ワイヤーで詰まっている物が何かを探ります
硬いものならワイヤーで砕いたり押し出したりできますし、ペースト状の汚れであることが分かれば配管洗浄剤で溶かせます。

配管の接合部から水漏れしている際の応急処置方法

配管の接合部からの水漏れ 応急処置

配管の接合部から水漏れしている際の応急処置方法もチェックしておきましょう。
揃えておく道具は以下のいずれかです。

  • モンキーレンチ
  • ウォータープライヤー

モンキーレンチとウォータープライヤーのどちらかがあれば接合部のナットの緩みを直せます。

失敗しない応急処置の仕方を説明します。

  1. 元栓を締める
  2. 止水栓を閉める
  3. 接続部のナットを締める

元栓と共に止水栓も閉めてください。
配管の接合部はコンセントや電気の配線の近くにあるので作業中に感電するリスクがあります。
作業をしている時に水が漏れ出して感電しないように、念のため止水栓も閉めるようにしてください。

応急処置の方法は簡単そうですね
子レンジャー
子レンジャー
親レンジャー
親レンジャー
説明した方法はあくまでも応急処置です。問題を根本から解決したい時には水道業者へ相談してくださいね

まとめ

配管の水漏れ原因は、配管が設置されている場所によって異なります。
地面に埋まっている配管が水漏れするケースでは、経年劣化や地震による破損が原因として考えられます。

壁の中にある配管から水漏れする原因は、給湯器からの配管が劣化していることや排水管が老朽化していることが原因です。
排水管が詰まることで浄水用の配管が圧迫され水漏れすることがあります。
トイレやキッチンの配管水漏れは、接合部の不具合や配管の劣化が原因のことが多いです。

修理に必要な費用はケースバイケースですが、上水配管水漏れ修理の工賃は10000円から30000円、下水配管水漏れ修理の工賃は7000円から15000円が相場です。
配管の水漏れ箇所や原因によって費用は大きく変わりますし、水道業者によっても費用は変わるので、複数の業者から見積もりを取るようにしてください。
応急処置を取りあえず自分でして、後は水道業者へ依頼すると安心です。


新着お役立ち情報